日立、知財戦略も改革 「発明起点から価値起点に」

長らく経営改革に取り組んできた日立製作所が、知的財産戦略の改革に着手した。同社CIPO(最高知的財産責任者)のスティーブン・マネッタ氏は、これまで「発明ありき」だった知財戦略を、「顧客価値を高めるとともに経営リスクを軽減するもの」と再定義。事業部門/事業会社との連携を深める方針を打ち出した。
2022年12月5日開催の「研究開発・知財戦略説明会」でマネッタ氏が明らかにした。同氏は「発明ドリブン(...

NIKKEI Tech Foresightに登録すると、全文をお読みいただけます
今申し込むと2カ月間無料!