日本電産・永守会長「軽薄短小で勝つ、コスト5分の1に」

EV時代の競争を聞く㊦
【この記事のポイント】
・技術だけではビジネスに勝てず
・イーアクスル、何十年という戦いに
・技術者は日本だけでは不足
日本電産の永守重信会長兼最高経営責任者(CEO)は電気自動車(EV)の駆動装置「イーアクスル」のコストが「2035年にも5分の1になる」との見方を示した。海外技術者を増やすなど開発体制も拡充する。ハードディスクドライブ(HDD)用モーターで世界一となった手法は、「何十年という戦いになる...

NIKKEI Mobilityに登録すると、全文をお読みいただけます
今申し込むと2カ月間無料!