大衆車ブランドで納期への評価低下 民間調査

    調査会社のJ.D. パワー ジャパン(東京・港)は2022年版の国内の新車販売の顧客満足度調査を発表した。国内大衆車ブランドで「納車に要した期間」への評価が低下していることがわかった。半導体などの部品不足や一部車種の海外需要増加などで納期遅れや受注停止が生じており、長引けば顧客満足度にも響きかねない。
    「納車」「店舗施設・サポート」などの項目について調査し、総合的な顧客満足度を1000ポイント満...

    NIKKEI Mobilityのβ版に登録すると、全ての記事を無料でお読みいただけます。