日産・三菱自の軽EV快走 停滞13年の教訓は電池のコスパ

【この記事のポイント】
・初代「リーフ」、「i-MiEV」の責任者にEV市場停滞13年の教訓を聞いた
・中韓勢の積極投資で電池価格が13年前の約7分の1に。手ごろな価格のEV実現
・直販や充電インフラを含めた米テスラのビジョンに気づけず遅れ
日産自動車三菱自動車がそれぞれ6月に発売した軽の電気自動車(EV)の受注が好調だ。両社は2009、10年に量販EVで世界に先駆けたが思うように販売を伸ばせなかった...

NIKKEI Mobilityに登録すると、全文をお読みいただけます
今申し込むと2月末まで無料!