「グリーンウオッシュ」に法の網 豪は証券規制で罰金

見せかけだけの脱炭素「グリーンウオッシュ」の問題で、政府機関が企業に制裁を科す例が増えている。オーストラリア証券投資委員会(ASIC)は現地エネルギー企業に対し、事業内容を誇張したとして5万3280豪ドル(約500万円)の罰金支払いを命じた。欧米でも虚偽広告が無いか司法当局などが監視の目を強める。脱炭素の重みが増すとともに、企業の取り組み姿勢も厳しく問われ始めた。
「社会に責任を持つ」曖昧な言葉に注意...

NIKKEI GXに登録すると、全文をお読みいただけます
今申し込むと2カ月間無料!