「再エネ」半減も RE100基準改定案、古い水力を排除

米アップルやソニーグループが参加する国際企業連合「RE100」が、再生可能エネルギーと認める電力の基準を変更する。現在の改定案どおりなら水力発電はほとんどが対象外となり、日本の再生エネは半減する。多くの企業が電力調達の切り替えを迫られる。ソニーGなどは早くも契約変更に動いた。

ソニー、東電「アクアプレミアム」の利用停止

ソニーGはNIKKEI GXの取材に対し、水力発電所由来の電力だけを供給する...

NIKKEI GXに登録すると、全文をお読みいただけます
今申し込むと2カ月間無料!