2018年4月20日(金)

朝刊・夕刊をご利用いただくには、日経電子版有料会員のお申し込みが必要です。

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

朝刊・夕刊とは?

  • 毎日の情報が凝縮された朝刊・夕刊の記事をWEB上で読めるのも、電子版有料会員限定の機能です
  • 有料会員になると、パソコンやスマホ・タブレットで日経の朝刊や夕刊が読める「紙面ビューアー」をご利用いただけます
  • 目を通せる新聞の読みやすさに、デジタルの便利機能がプラスされ、記事の活用法が広がります

WEBサイト向け横書きスタイルで読む

朝刊・夕刊はWEBサイト向けの横書きスタイルでも読めます。

紙面ビューアーで新聞のように読む

紙面のレイアウトそのままで読めるのが紙面ビューアーです。パソコンでのご利用のほか、タブレット・スマホ向けのアプリではタッチ操作で快適に読むことができます。

  1. 直近30日分の記事が読める
    「紙面ビューアー」では直近30日分の過去記事を
    全て読むことができます。
    見逃した記事や気になる記事をさかのぼって
    チェックできます。
  2. 朝刊、夕刊、プラス1が読める
    通常の朝刊、夕刊が紙面イメージで読めるだけではなく、
    土曜日の朝刊別刷り「NIKKEIプラス1」も
    読むことができます。
    暮らし、健康、グルメ、旅の情報など幅広い情報を
    入手できます。
  3. 地域経済の記事もチェックできる
    電子版では、全国22ブロックの地域経済面を紙面イメージで読むことができ、地域経済の動きを
    毎日確認することができます。
    出張先など気になる地域にチェックを入れておくと、毎回選択しなくてもスムーズに閲覧できます。
    • 北海道経済
    • 東北経済
    • 新潟経済
    • 長野経済
    • 北陸経済
    • 北関東経済
    • 首都圏経済
    • 首都圏千葉
    • 首都圏埼玉
    • 首都圏東京
    • 首都圏神奈川
    • 静岡経済
    • 中部経済
    • 近畿経済A
    • 近畿・京滋
    • 近畿・兵庫
    • 近畿経済B
    • 中国経済
    • 広島経済
    • 四国経済
    • 九州経済
    • 沖縄九州経済

紙面ビューアーを活用すれば、もっと便利に、読み方広がる

タブレット・スマートフォンでは、専用の紙面ビューアーアプリをご用意しています。タッチ操作やアプリならではの機能で快適にご利用いただけます。

紙面閲覧に最適な紙面ビューアーアプリ
「朝刊・夕刊」、土曜日発行の「プラス1」を紙面イメージそのままで収録。
「Myニュース」の「キーワード登録」機能とも連携。
登録したキーワードを含む記事がハイライトされ、重要なニュースも読み逃しません。
また、気になった記事は”切り抜き記事”イメージのまま印刷、保存できます。
朝刊・夕刊についてもっと詳しく見る