河川決壊、市街地が浸水

 台風18号などの豪雨の影響で関東地方は10日、各地で被害が広がった。茨城県常総市では鬼怒川の堤防が決壊し、住宅地や商業施設に多くの人が取り残された。 (10日 21:45)

浸水した住宅地からヘリで救助される住民(10日、茨城県常総市)

  • 濁流となった鬼怒川。鬼怒川プラザホテル(奥)の一部が崩れ落ちた(10日、栃木県日光市)=共同
  • 大雨で鬼怒川の堤防が決壊し、浸水した道路(10日、茨城県常総市)
  • 鬼怒川からあふれた水が住宅街に浸入し、警察官に背負われて避難する女性(10日、茨城県常総市)=共同
  • 冠水した国道294号線の交差点で立ち往生し、車の屋根に避難して救助を待つ人たち(10日、茨城県常総市)=共同
  • ボートで救助される住民ら(10日、茨城県常総市)=共同
  • 濁流が流れる中、屋根の上で救助を待つ住民(10日、茨城県常総市)
  • 小学校の体育館に避難し、不安な夜を過ごす住民ら(10日、茨城県常総市)
  • 鬼怒川の堤防が決壊し、浸水した市街地。被害は広範囲に及び、取り残された人たちの救出活動はまだ続く(10日、茨城県常総市)=写真 小林健、淡嶋健人