どこで撮る?北陸新幹線

 3月14日開業の北陸新幹線。格好良く走る姿をどこで捉えるか。線路のほとんどは防音壁で囲われているため、高架橋より高い位置を探すのが原則で、撮影スポットは意外に少ない。開業まで行われた試運転で沿線を撮り歩いた。 (13日 7:00)

石川県津幡町倉見の丘陵地帯で撮影。トンネルとトンネルの間に一瞬だけ見えるポイントがある。「ゴー」という走行音が聞こえたら集中してカメラを構えよう

  • シャッター速度を落とし、新幹線の動きに合わせてカメラを振る「流し撮り」で疾走感を表現
  • 石川県津幡町旭山の「新幹線の見える丘公園」。撮影しやすいように、フェンスの一部が空けてある。同町は今年度約2500万円の予算を投じ、視界を遮る樹木を伐採するなど公園を整備した
  • 北陸らしい風景の中に写し込むならこちら。富山市の呉羽山公園の展望台から立山連峰を望む。山並みの向こうから日が昇った
  • 富山県魚津市石垣新には、正面から新幹線を捉えることができるスポットが。望遠レンズで迫力ある姿を収めよう
  • 少し変わったアングルも。金沢市法光寺町の高台からは、大きなカーブを描く高架橋が望める。新幹線に乗って北陸観光もいいが、地図を片手に撮影スポットを探してみては=写真 伊藤航