万城目学「プリンセス・トヨトミ」

 豊臣家の末裔(まつえい)を守るため、「大阪国」が決起する――。ありふれた大阪の日常が急転する万城目学の「プリンセス・トヨトミ」の舞台を巡った。 (31日 15:30)

大坂の陣400年を記念したイベントで、大阪城天守閣がプロジェクションマッピングの技術で「炎上」する(大阪市中央区)

  • 天守閣の前で大道芸に見入る人たち。世界各地から観光客が集まる
  • 大阪城公園内にある豊国神社に「太閤さん」と今も親しまれる豊臣秀吉の像がたたずむ。1615年の大坂夏の陣で豊臣家は滅んだ、はずだった
  • 会計検査院調査官の松平たちが検査で乗り込んだ大阪府庁。窓越しの天守閣に夕闇が迫る
  • 真田がお好み焼き店を営む空堀商店街。“王女”の身に何かが起きると大阪のあちこちに現れるひょうたんを合図に、男たちが一斉に大阪城を目指す
  • 赤く照らされた天守閣を大阪府庁から望む。大阪はすべての動きを完全に止め、百万を超す男たちが見守るなか、松平は「大阪国」首相の真田と府庁前で対峙する=写真 浦田晃之介

テーマ一覧