震災3年 犠牲者をしのぶ

 2万人近くの死者、行方不明者を出した東日本大震災から3年を迎えた11日、地震発生時刻の午後2時46分に合わせ、人々がそれぞれの場所で犠牲者の冥福を祈った。 (11日 21:09)

追悼式で遺族らが犠牲者の冥福を祈り手を合わせた(11日午後、福島県浪江町)

  • 地震発生時刻に「奇跡の一本松」に向かい黙とうする人たち(11日午後、岩手県陸前高田市)
  • 砂浜に花をさし、手を合わせる女性(11日午後、仙台市若林区)
  • 地震発生時刻に、東北に向かって黙とうする人たち(11日午後2時46分、神戸市中央区)
  • 追悼式で献花する遺族(11日午後、福島県浪江町)
  • 被災当時の状況の説明を聞きながら乗車する「三陸鉄道震災学習列車」に参加した人たち。地震発生時刻に三陸駅で下車し、黙とうをささげた(11日午後2時46分、岩手県大船渡市)
  • 吹雪の中、花を供える遺族(11日午後、岩手県陸前高田市)
  • 慰霊碑に手を合わせる人(11日午後、仙台市若林区)
  • 追悼式典会場で地震発生時刻に黙とうする人たち(11日午後、名古屋市中区)
  • 鎮魂の思いと未来への希望を込め、花火が打ち上げられた(11日夜、福島県いわき市)=写真 井上昭義、尾城徹雄、小園雅之、今井拓也、小川望、上間孝司、伊藤航