回復する人出、各地で イベントではコロナ対策も(写真特集)

政府の観光支援事業「Go To トラベル」の対象に東京発着旅行が追加されて初の週末となった10月3、4日、各地で外出を楽しむ多くの人たちの姿が見られた。新型コロナウイルスの感染対策に工夫を凝らし、開催にこぎつけたイベントもあった。 (4日 20:41)

多くの若者らでにぎわう原宿の竹下通り(4日、東京都渋谷区)

  • 浅草の雷門前で記念写真を撮る人たち(3日、東京都台東区)
  • 日本武道館で7月の改修完了後初めての大会となる空手の関東大学選手権。飛沫感染防止のために控えられていた「気合」の声出しが復活し、口元をシールドでふさいだ防具を着けて対戦した(4日、東京都千代田区)=共同
  • 大分県産の牛肉を食べた後で日ごろの思いの丈を叫ぶ恒例行事「由布院牛喰(く)い絶叫大会」。今年は新型コロナウイルス対策のため声の大きさは競わず、内容のユニークさを審査した(4日、大分県由布市)=共同
  • マスク姿の観光客が行き交う善光寺の仲見世通り(4日、長野市)=共同
  • 乗客に検温する「はとバス」のスタッフ(3日、東京都千代田区)=共同
  • 開幕したラグビーの関東大学リーグ。秩父宮ラグビー場など観客を入れる試合では検温や消毒を実施。各大学のグラウンドで開催する試合は無観客とする。写真は東京・秩父宮ラグビー場での慶応大―筑波大戦(4日)=共同
  • 銀座の歩行者天国でも多くの人たちの姿がみられた(4日、東京都中央区)

テーマ一覧