東西ドイツ統一から30年(写真特集)

冷戦の終結を象徴する東西ドイツの統一から10月3日で30年となった。ポツダム市で式典が開かれ、シュタインマイヤー大統領やメルケル首相らが出席した。同市内では、統一30年を祝うモニュメントの前で記念撮影をする人たちの姿が見られた。 (4日 20:41)

ブランデンブルク門の前で東西ドイツ統一を喜ぶ市民たち(1990年10月3日、ベルリン)

  • 統一から30年を祝うボードが掲げられた通りを歩く人たち(3日、ポツダム)=ロイター
  • 式典会場に到着し、撮影に応じるシュタインマイヤー大統領(左)、メルケル首相(中央)ら(3日、ポツダム)=ロイター
  • 「30年」と書かれた大きなドイツ国旗の色のモニュメント(3日、ポツダム)=ロイター
  • ハート形の国旗をバックに自撮りするカップル(3日、ポツダム)=ゲッティ共同
  • 式典に出席したメルケル首相(左)=3日、ポツダム(ロイター)
  • 式典でスピーチするシュタインマイヤー大統領(3日、ポツダム)=AP
  • 旧東西ドイツの国境で、統一前に検問所が置かれていた交差点を訪れる観光客ら(9月18日、ベルリン)=共同
  • 統一を祝い旧帝国議事堂前に掲げられた統一旗(1990年10月3日、ベルリン)

テーマ一覧