東京五輪開幕まで半年(写真特集)

東京五輪開幕まで24日で半年。7月から始まる本番への準備が進み、各地で五輪ムードが高まっている。 (24日 12:57)

ライトアップされた五輪マークの後ろで記念花火が打ち上げられた(24日、東京都港区)

  • 航空自衛隊の松島基地の上空で、アクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が五輪マークを描いた。3月20日に同基地で行われる聖火到着式に向けた予行演習で実施された(24日、宮城県東松島市)=共同
  • 五輪開幕までの日数が表示された街頭モニター(24日、東京都港区)
  • メイン会場となる国立競技場の前を行き交う人たち。開閉会式や陸上競技、サッカーなどの人気競技が開催される(24日、東京都新宿区)
  • 海上保安庁は竹芝桟橋で旅客船へのテロを想定した訓練を実施した。大会会場は臨海部に多く集まっており、船舶や港湾への警備を強化する(24日、東京都港区)
  • 整備が進む東京五輪・パラリンピックの選手村。五輪で1万8千人、パラリンピックで8千人の選手らが滞在する予定(24日、東京都中央区)
  • 東京五輪・パラリンピックの日本代表選手団公式服装(ユニホーム)を披露する選手たち。日の丸をイメージさせる赤白と日本古来の柄などを組み合わせたデザインだ(23日、東京都千代田区)

テーマ一覧