Week in pictures「今週の5枚」 フィリピンで火山噴火、USJ新エリア…

フィリピンのマニラ近郊にある火山が噴火し、降灰による影響が広がっている。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に今夏開業予定の新エリアには「マリオ」をテーマにしたアトラクションが登場する。(1週間のニュース写真をまとめた「今週の5枚」は原則土曜日に掲載します) (18日 7:00)

フィリピンの首都マニラ近郊にあるタール火山が12日から断続的に噴火し、降灰による市民生活への影響が広がっている。写真は火山灰に覆われた枝を切り落とす作業員(14日)=ロイター

  • USJで今夏開業予定の新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」。マリオなどのキャラクターをテーマにしたアトラクションが登場する(14日、大阪市此花区)
  • 自動車の2020年ダカール・ラリーは、初めて中東に舞台を移しサウジアラビアで開催された。砂漠が延々と続く非常にタフなルートで、総走行距離は7500キロ以上(14日)=ロイター
  • バングラデシュの首都ダッカ郊外のトンギで行われたイスラム教徒の集会「ビッショ・イジュテマ」が終わり、帰路の列車は出席者ですし詰め状態になった(12日)=ロイター
  • 一般公開された2020年東京五輪・パラリンピックの観戦チケットのデザイン(15日、東京都中央区)

テーマ一覧