写真で振り返る旧国立競技場の名場面 若きカズ、リーチが躍動

 陸上男子100メートル世界記録保持者のウサイン・ボルトさんやサッカーの三浦知良選手らが12月21日、新しい国立競技場のオープニングイベントに登場した。かつての国立競技場でもペレ、釜本邦茂両選手がともにグラウンドに立ったり、カール・ルイス選手が世界記録を出したり、様々な名場面があった。当時の様子を写真で振り返りたい。(肩書は当時) (20日 11:00)

1963年3月、上空から見た国立競技場

  • 引退試合で花束を掲げるサッカーの釜本邦茂選手(1984年8月25日)
  • 引退するサッカーのペレ選手が日本でプレーした「ペレ サヨナラ・ゲーム イン ジャパン」の第1戦、古河電工との試合でたくみなフットワークを見せるニューヨーク・コスモスの同選手(右)=1977年9月10日
  • 「ペレ サヨナラ・ゲーム イン ジャパン」最終戦はニューヨーク・コスモスが3-1で日本代表に勝利。ペレ選手(左)は釜本選手にユニホームと靴をプレゼントした(1977年9月14日)
  • ラグビーでも数多くの選手がプレーした。写真左はラインアウトの球を競る東海大のリーチ・マイケル選手(2010年1月10日の大学選手権決勝)。写真右は突進する早稲田大の五郎丸歩選手(08年1月12日の大学選手権決勝)
  • 関東大学ラグビー対抗戦の早明戦で母校の小旗を振って応援する明治大出身の村山富市首相(前列左から2人目)と早稲田大出身の河野洋平外相(同3人目)=1994年12月4日
  • ラグビー日本選手権でトライを決める新日鉄釜石の松尾雄治選手(左)=1983年1月15日
  • 東京五輪の開会式で入場する日本選手団(1964年10月10日)
  • 東京五輪のマラソンで金メダルを獲得し、五輪2連覇となったアベベ・ビキラ選手(1964年10月21日)
  • 東京五輪の男子マラソンで銅メダルを獲得した円谷幸吉選手(右)=1964年10月21日
  • 東京-ニューヨーク友好83東京マラソンで2時間8分38秒の日本新記録で優勝した瀬古利彦選手(1983年2月13日)
  • 第1回東京国際女子マラソンで優勝したジョイス・スミス選手(写真左)。写真右は都内を走る選手たち(ともに1979年11月18日)。同大会は国際陸連から世界で初めて公認された女子マラソン大会だった
  • 世界陸上男子マラソンで優勝した谷口浩美選手(1991年9月1日)
  • 世界陸上男子100メートル決勝で9秒86の世界新記録で優勝したカール・ルイス選手(左)=1991年8月25日
  • 世界陸上男子棒高跳びで5メートル95の大会新記録で優勝したセルゲイ・ブブカ選手(写真左、1991年8月29日)。写真右は男子走り幅跳びで世界新記録の8メートル95を出したマイク・パウエル選手(同30日)
  • 聖火台を磨くイベントに参加した陸上男子ハンマー投げの室伏広治選手(2009年9月15日)
  • TOTOスーパー陸上で男子100メートルに出場したカール・ルイス選手(左)。写真は大相撲幕内の小錦関との一幕(1996年9月16日)
  • 改築前の国立競技場で最後となるサッカー天皇杯決勝で勝利し、表彰式で喜ぶ中村俊輔選手(中央)ら横浜F・マリノスの選手たち(2014年1月1日)
  • 東日本大震災復興支援の慈善試合でプレーするサッカー女子日本代表「なでしこジャパン」の澤穂希選手(2011年8月19日)
  • 新しい国立競技場のオープニングイベントに登場する三浦知良選手。写真はJリーグ初の公式戦、ヤマザキナビスコ杯で優勝した読売日本SCのメンバーとして決勝を戦った同選手。決勝点を挙げ、大会最優秀選手に輝いた(1992年11月23日)

テーマ一覧