フクラス、パルコ、スクランブルスクエア 写真で見る渋谷の新施設

渋谷スクランブルスクエア東棟、渋谷パルコ、東急プラザ渋谷が入る渋谷フクラス。東京・渋谷では約1カ月で大型施設の開業が相次いだ。それぞれの様子を写真でまとめた。 (6日 11:26)

取り壊し前のかつての東急プラザ渋谷(写真左、2015年)。写真右は5日に開業した東急プラザ渋谷が入る渋谷フクラス

  • 待ち合わせ場所として設けられているデジタル・ハチ公(東急プラザ渋谷)
  • ペッパーパーラーはヒト型ロボット「ペッパー」が来店客に対応する飲食店(東急プラザ渋谷)
  • 渋谷フクラスの屋上にはレストランや広場がある
  • 4階の売り場(東急プラザ渋谷)
  • 11月に改装開業した渋谷パルコに入る「ポケモンセンターシブヤ」には店舗限定の商品が並ぶ
  • デザイングッズなどを扱うパルコミュージアムトーキョー(渋谷パルコ)
  • 任天堂の国内初の公式グッズ店「ニンテンドートウキョウ」(渋谷パルコ)
  • レコード店と飲食店が隣接するフロアもある(渋谷パルコ)
  • ほぼ日が出店する「ほぼ日カルチャん」(渋谷パルコ)
  • 11月に開業した「渋谷スクランブルスクエア」東棟に入る「TSUTAYA BOOKSTORE」。飲食物も提供する
  • 6階の化粧品売り場(渋谷スクランブルスクエア東棟)
  • 地下2階の食料品売り場(渋谷スクランブルスクエア東棟)
  • 展望施設「SHIBUYA SKY」の屋内部分(渋谷スクランブルスクエア東棟)
  • 展望施設の屋外部分にはハンモックなども備えられている(渋谷スクランブルスクエア東棟)=藤井凱、岩田陽一、中岡詩保子撮影

テーマ一覧