東日本大震災から2年

 死者・行方不明者1万8千人以上を出した東日本大震災から3月11日で丸2年。被災地をはじめ全国各地では朝から追悼行事が催され、鎮魂の祈りに包まれた。 (12日 0:28)

遺族の手で海岸に供えられた花(仙台市若林区)

  • 日の出とともに手をつなぎ犠牲者を追悼する人たち(宮城県気仙沼市)
  • 津波で流されたまま残る漁船「第18共徳丸」に向かい手を合わせる人たち(宮城県気仙沼市)
  • 避難訓練で、避難所となっている小学校に集まる近隣住民(岩手県宮古市)
  • 雪がうっすら積もった宮城県気仙沼市内。漁港近くの地域はほとんどが更地のままだ
  • 行方不明者を捜索する宮城県警の警察官ら(宮城県石巻市)
  • 豊間区三回忌供養式典で地震発生時刻に合わせて黙とうする四家悠成君(6、上)と光晟君(3)の兄弟(福島県いわき市)
  • 追悼式で地震発生時刻に合わせて黙とうする参列者(宮城県南三陸町)
  • 地震発生時刻に合わせて、防潮堤の上で手をつなぎ黙とうする住民ら(岩手県宮古市田老地区)
  • 追悼式で地震発生時刻に合わせて黙とうする福島県からの被災者ら(東京都江東区)
  • 政府主催の追悼式で、岩手県遺族代表として言葉を述べる山根りんさん(東京都千代田区の国立劇場)=代表撮影
  • 津波の犠牲者の名前が刻まれた石碑を見つめる人(仙台市若林区)
  • 追悼式で「はるかな友に心寄せて」を歌う志津川高校2年の生徒(宮城県南三陸町)
  • 荒浜地区の三回忌法要に花を抱えて参列する女性(仙台市若林区)
  • 地震による帰宅困難者発生を想定した訓練で、防寒用のシートに身を包む参加者(東京都千代田区の都営地下鉄日比谷駅)
  • 新しく届いた鐘の前で手を合わせる参列者(岩手県大槌町の江岸寺)
  • 豊間区三回忌供養式典で堤防に並べられたキャンドル(福島県いわき市)
  • 仮設住宅の敷地内にともされた竹灯籠。感謝の言葉などが書かれていた(宮城県亘理町)=写真 井上昭義、小林健、今井拓也、玉井良幸、浦田晃之介、湯沢華織、上間孝司、三村幸作

テーマ一覧