W杯閉幕特集 スタジアムに集ったラグビーファンたち

アジア初開催となった「楕円球の祭典」には日本をはじめ世界各国からファンが訪れた。ユニークな衣装、小道具、ペイントなどで思い思いに観戦を楽しむファンをまとめた。 (9日 13:54)

準々決勝の日本-南アフリカ戦を前に両国ジャージーのボディーペイントで盛り上がるファン(10月20日、東京都調布市の東京スタジアム)

  • スコットランド-ロシア戦でバグパイプを吹いて応援するファンとロシアの旗を掲げるファン(10月9日、静岡県袋井市のエコパスタジアム)
  • アイルランド-スコットランド戦の前、会場の横浜国際総合競技場の近くでビールを楽しむファンたち(9月22日、横浜市)
  • ウェールズ-フィジー戦の前、スタジアム脇でトライの体験をするファン(10月9日、大分市の大分スポーツ公園総合競技場)
  • 記念写真に納まる日本とサモアのファン(10月5日、愛知県豊田市の豊田スタジアム)
  • 南アフリカ国旗のフェースペイントをしたファン(10月4日、静岡県袋井市のエコパスタジアム)
  • イタリア-カナダ戦を前に観客席でビールを片手にポーズをとるファンら(9月26日、福岡市の博多の森球技場)
  • タータン柄のスーツで観戦に訪れたスコットランドのファン(9月22日、横浜市の横浜国際総合競技場)
  • 準々決勝のニュージーランド-アイルランド戦を前に「闘魂」の鉢巻きを締め、笑顔を見せるスタンドのファン(10月19日、東京都調布市の東京スタジアム)
  • 公式マスコット「レンジ-」柄の浴衣で観戦に訪れる人も見られた(9月28日、静岡県袋井市のエコパスタジアム)
  • 日の丸のフェースペイントをする子(10月20日、東京都調布市の東京スタジアム)
  • 横浜国際総合競技場での決勝戦を前に、スタジアム近くで鉢巻きを買い求めるファン(11月2日、横浜市)
  • 決勝戦の後、ラインアウトのまねをして盛り上がる人たち(11月2日、横浜市)
  • ニュージーランドのジャージーのボディーペイントをした森山漠さん(右)は観戦のたびに「最薄ジャージー」を“着用”。冒頭の写真で南アフリカのジャージーのペイントをしていたのも森山さんだ。行く先々で人気者になった(10月19日、東京都調布市の東京スタジアム)
  • 日本代表がアイルランドに勝利し、タオルを掲げて喜ぶファン(9月28日、静岡県袋井市のエコパスタジアム)=柏原敬樹、三村幸作、中尾悠希、小高顕、笹津敏暉撮影

テーマ一覧