ニュージーランドが3位 ウェールズを40-17で破る

ワールドカップ(W杯)日本大会は11月1日、3位決定戦が東京スタジアムで行われ、大会3連覇を逃したニュージーランド(NZ)がウェールズを40-17で破り、3位で大会を終えた。NZは前半に4トライを挙げ、後半はスタンドオフのモウンガがトライを決めて得点王争いで日本の田村を抜いてトップに立った。 (2日 0:04)

戦いの踊り「ハカ」を舞うニュージーランド代表。手前は肩を組んで向かい合うウェールズ代表

  • 前半、先制のトライを決めるニュージーランドのムーディー(右)
  • 前半、トライするニュージーランドのB・バレット
  • 前半、モールを押し込むニュージーランドのFW陣。左は「マン・オブ・ザ・マッチ」に選ばれたロックのレタリック
  • 前半、トライを決めるニュージーランドのB・スミス
  • 前半、B・スミス(中央)のトライを喜ぶニュージーランド代表
  • 3位決定戦の観戦に訪れ、ハーフタイムに観客に手を振る上皇ご夫妻
  • 後半、キックティーにボールを置くニュージーランドのモウンガ。この試合で15得点を挙げ、得点王争いで日本の田村を3点上回りトップに立った
  • 前半、ニュージーランド主将のリード(右)にタックルするウェールズ主将のA・ジョーンズ。タックル数で大会首位に立つ
  • 後半、トライを決めたウェールズのアダムズ(中央下)。今大会自身7本目で、トライ王争いの首位を走る
  • 後半、詰めかけたニュージーランドのファンで黒く染まった観客席
  • 3位決定戦開始前のスタジアム近くでは、チケットを求めるニュージーランドのファンの姿も見られた
  • 試合が終わり、ハイタッチでファンを見送るボランティア
  • 試合終了後、観客に向かって一礼するウェールズ代表
  • メダルを授与され、記念撮影するニュージーランド代表=中尾悠希、笹津敏暉、三村幸作撮影

テーマ一覧