フランスが連勝 米国を33-9で下す

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会は10月2日、福岡市の東平尾公園博多の森球技場で1次リーグC組のフランスと米国が対戦し、フランスが33-9で米国を破って2連勝とした。 (2日 21:22)

前半、先制のトライを決め、敬礼のポーズで喜ぶフランスのユジェ

  • 試合開始前、大型スクリーンには9月26日に死去したフランスのジャック・シラク元大統領の写真が映し出され、黙とうが行われた
  • 前半、先制のトライを決めるフランスのユジェ。腕には喪章を巻いている
  • 後半、タックルを振り切り、トライを決めるフランスのセラン
  • トライを決め敬礼するフランスのセラン(右)
  • 後半、モールで前進するフランスのFW陣
  • 前半、フランスのギトゥーヌ(中央左)の突進を阻む米国のドラン(右端)とイオセフォ
  • フランス-米国戦で副審を務めた久保修平氏(右から2人目)
  • 会場で盛り上がるフランスと米国のファン
  • 米国を下し2連勝とし、観客の声援に応えるフランス代表(2日、福岡市の東平尾公園博多の森球技場)=澤井慎也、笹津敏暉撮影

テーマ一覧