スコットランドがサモアを完封 4トライ挙げ、勝ち点5

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会は9月30日、1次リーグA組でともに日本との試合が組まれるスコットランドとサモアが対戦し、スコットランドが34-0でサモアを完封した。4本のトライを挙げ、今大会初の勝ち点5を挙げた。 (30日 23:54)

試合終了後、ファンの声援に応えるスコットランドのラッセル(中央手前)

  • 前半、激しくボールを奪い合うサモアのナナイウィリアムズ(中央)とスコットランドのリッチー(同下)ら
  • 前半、トライを決め喜ぶスコットランドのメートランド(左)と、肩を落とすサモアのピシ(手前)
  • 前半、タックルを受けるサモアのイオアネ
  • 前半、トライを決めるスコットランドのレイドロー(左)
  • 後半、背番号を確認できない状態のユニホームでプレーするスコットランドのメートランド
  • 後半、突進するスコットランドのマキナリー(右)
  • 後半、ゴールライン間近にせまるスコットランドのメートランド(右)を足で止めたサモアのフィドウ。危険なプレーとしてフィドウは退場となり、スコットランドのペナルティートライが認められた
  • 試合終了後、円陣を組むサモア代表。次戦は10月5日に日本と対戦する
  • 試合終了後、スタンドに向かって一礼するスコットランドの選手=目良友樹、笹津敏暉撮影

テーマ一覧