デンマーク 大人の学校

デンマークには「フォルケホイスコーレ」という、全寮制の成人教育の学校がある。 1週間から数カ月好きな分野の勉強ができ、寝食を共にする教師や仲間との対話からも多くを学ぶ。そこで得た気付きが日常生活に活力を与え、人生の転機になることさえあるという。 (30日 14:28)

紫のヒースが咲き乱れる荒野を散策する=鈴木健撮影

  • 集会でそれぞれの参加動機を話す。授業はデンマーク語に加え留学生のために英語を使うこともある
  • 「国民の高等学校」を意味するフォルケホイスコーレはデンマークに約70校ある成人向け私立学校だ(ユラン半島西岸の「ヴェストユラン・ホイスコーレ」の校舎)
  • 「西ユラン地域の自然コース」の生徒たち。ビーバーが倒した木のそばで説明を聞く
  • 風が強いユラン半島西部は風力発電が盛ん。羽根が一番上まで上がると高さ150メートルにもなる風車を見学
  • 食事はバイキング形式。校内の農園で採れた食材を使ったおいしい料理が並ぶ
  • 朝夕の集会で使う「ホイスコーレ・ソングブック」は学校生活の象徴だ。宗教曲、伝統的なデンマークの歌からビートルズまで572曲を収録
  • 「一緒に歌うことで一体感が生まれる。ホイスコーレのすべてがこの本に詰まっている」。音楽とデンマーク語を教えるトマスさんが話す
  • 「夢を解放する」という自己啓発のコース。体を自由に動かすダンスで午前のクラスが始まった
  • 夕食後にコンサートへ行き、その後海岸を散歩した。午後9時近くになっても北欧の夜は明るい
  • 1週間のコースを終えた朝。別れを惜しみながら帰路につく

テーマ一覧