イングランドが2連勝、米国は最後に一矢

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会は9月26日、1次リーグC組のイングランドは米国と対戦。45-7で勝ち、2連勝とした。 (27日 0:36)

前半、ラインアウトからモールでトライを決め喜ぶイングランドのフォワード陣

  • 試合前、練習を見るイングランドのジョーンズ・ヘッドコーチ。前回大会では日本代表を率いた
  • 前半、トライを決めるイングランドのフォード
  • 前半、トライを決めるイングランドのフォワード陣。序盤からモールを押し込む場面が目立った
  • 後半、突進する米国のマクギンティ(中央)に、イングランドのフランシス(右)やカワンディッキー(左手前)らが襲いかかる
  • 後半、トライを決めるイングランドのゾカナシンガ
  • 後半、イングランドのファレル(22)への危険なタックルを巡りもみ合う両チームの選手たち。右から2人目はレッドカードを受け退場した米国のクイル
  • 後半終了間際、トライを決める米国のキャンベル。無得点に抑えられていたが、一矢報いた
  • 試合後、ファンと交流するイングランドのラドラム=中尾悠希、目良友樹撮影

テーマ一覧