ウェールズが初戦快勝 ジョージアに6トライ

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会は9月23日、豊田スタジアムで1次リーグD組の優勝候補の一角、ウェールズが登場。ジョージアと対戦し、6トライを挙げ43-14で快勝した。 (24日 0:10)

後半、トライを決めるウェールズのノース

  • 前半、トライを決めて喜ぶウェールズのJo・デービス(右から2人目)
  • 前半、ジョージアのクベセラゼ(中央下)にタックルするウェールズのA・ジョーンズ(同上)ら
  • 前半、ジョージアのアブシャンダゼ(左から2人目)のキックをチャージするウェールズのティプリク(右端)とナビディ
  • ジョージアのフォワード第1列の(左から)マムカシビリ、ナリアシビリ、ギガシビリ。強力なスクラムの軸として、ウェールズに立ち向かった
  • 後半、モールで前進するジョージア代表
  • 後半、タックルするジョージアのアプラシゼ(手前)
  • 試合終了後、健闘をたたえ合う両チームの選手たち=上間孝司、中尾悠希撮影

テーマ一覧