NZが3連覇へ好発進 南アに23-13

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会は9月21日、横浜国際総合競技場で大会3連覇を目指すニュージーランドと、2度の優勝を誇る南アフリカがW杯史上初めて1次リーグで対戦し、NZが南アを23-13で下した。 (21日 23:10)

前半、トライを決めるNZのブリッジ。右下はアシストしたB・バレット

  • 試合前、戦いの舞「ハカ」を披露するNZ代表(手前)と向き合う南ア代表
  • 「ハカ」を舞うNZ代表
  • 前半、NZのS・バレット(5)らに突進を阻まれる南アのエツベス(中央)
  • 前半、自陣深くでB・バレットにパスを出し、ピンチをしのぐNZのリース
  • 前半、トライにつながる一連のプレーで突進するB・バレット。この試合の最優秀選手に選出された
  • 後半、突進する南アのコルビ(左)にタックルするNZのB・バレット
  • 後半、トライを決める南アのデュトイ
  • 試合が終了し、健闘をたたえ合う両チームの選手=中尾悠希、小高顕撮影

テーマ一覧