復活・石ノ森萬画館 石巻市

 「仮面ライダー」や「サイボーグ009」などの作品で知られる宮城県出身の漫画家、故石ノ森章太郎さんの原画やキャラクターの人形などを展示し、東日本大震災で被災し休館していた同県石巻市の「石ノ森萬画館」が11月17日、1年8カ月ぶりに再開した。5メートルを超す津波に襲われたが、一度は解雇されたスタッフらの手によって完全復活を果たした。 (18日 0:33)

無料開放され、多くの来場者でにぎわう石ノ森萬画館(11月17日、宮城県石巻市)

  • 石ノ森萬画館前でリニューアルオープンを心待ちにする人たち
  • 記念式典で宙に舞う紙テープに喜ぶ人たち。ファンや家族連れ約3400人が駆け付けた
  • 多くの人の支援で復旧できたことを感謝し整列するスタッフ。震災前から働き、再開の手伝いをしてきた助川莉枝子さん(27)は「これまで日本だけではなく世界中の人たちに助けてもらった。今日からやっと恩返しができます」と笑顔で話した
  • ロボコンと記念写真を撮り笑顔の来場者
  • 「サイボーグ009」コーナーには入りきらないほどの来場客が詰め掛けた
  • 震災前、年間パスポートで何度も通うほどの常連だった石巻市の龍晟くん(7、中央)。お絵描きコーナーでは「やっぱり仮面ライダー1号が一番好き」と熱心に描く
  • 握手会場にヒーローが現れると子どもたちの長蛇の列ができ、笑顔で握手を交わしていた
  • 同館へ向かう道に、寄せ書きが書かれたベニヤ板が並ぶ。津波で壊れた入り口を覆う板に、いつしか応援メッセージが書かれるようになり、いっぱいになるたびに新しい板に付け替えられた。復興を願うメッセージであふれる40枚ほどの板が再開に花を添えた=写真 沢井慎也