旧日本陸軍の海上要塞に上陸 第二海堡ツアー

旧日本陸軍が明治時代に首都防衛のため東京湾に建設した人工島「第二海堡」(千葉県富津市)。2019年春から民間旅行会社の上陸ツアーが始まった。 (14日 12:00)

島の中心部にある観測所。東京湾が360度見渡せた=伊藤航撮影

  • 第二海堡は「東の軍艦島」とも呼ばれ、長く立ち入り禁止だった
  • 横須賀港から船で25分。現在は国土交通省が島を管理し、航路監視業務に使われている
  • 第二海堡の砲台跡。灯台が立つコンクリートには「FORT No.2」の文字が残っていた
  • 敵の攻撃から人や武器を隠すための掩蔽壕(えんぺいごう)。れんが造りの外壁が残る
  • 横須賀港に戻る船から海上自衛隊の潜水艦が見えた。横須賀は現在も海上防衛の重要拠点となっている