瀬戸が自己ベストで銀メダル 世界水泳、男子200バタ

水泳の世界選手権は24日、韓国の光州で行い、男子200メートルバタフライ決勝で瀬戸大也が銀メダルを獲得した。 (25日 14:35)

自己ベストとなる1分53秒86で銀メダルを獲得した瀬戸=山本博文撮影

  • スタートする瀬戸
  • 力泳する瀬戸。150メートルを4番手で折り返すと、驚異の追い上げで先行する選手をゴール近くで差しきった
  • 待ち望んでいた1分53秒台の自己ベスト。「殻を割れたと思う。今日は完璧」
  • 銀メダルの瀬戸(左)と、1分50秒73の驚異的な世界新記録で勝ったミラク(中)
  • 前日に男子200メートル自由形で銀メダルを獲得した松元(中)も祝福していた。今大会の競泳で日本勢のメダルは2個目
  • 25歳の進化はまだまだ止まりそうにない。1年後の五輪のメダルは現実味を帯びてきた