F1日本GP 小林3位

 自動車のF1シリーズ第15戦、日本グランプリ(GP)が7日、三重県鈴鹿サーキットで行われ、小林可夢偉(ザウバー・フェラーリ)が日本人最高タイの3位に入った。1990年日本GPの鈴木亜久里、2004年米国GPの佐藤琢磨に次ぐ、日本人3人目の表彰台となった。 (7日 23:18)

表彰台で歓喜のシャンパンファイト

  • 小林のスタートはGPでの日本人歴代最高を更新する3番グリッドから。好スタートで2番手に浮上
  • スタート直後の1コーナー。フェルナンド・アロンソ(スペイン、フェラーリ)がキミ・ライコネン(フィンランド、ロータス)と接触しリタイア
  • 力走する小林
  • 14周まで小林は2位をキープしピットに入った
  • 日本GP含め残りは6戦。後続の猛追を振り切る小林
  • 3位争いでジェンソン・バトン(英国、マクラーレン・メルセデス)を抑えゴール。ガッツポーズで喜ぶ小林
  • 小林の3位入賞を喜ぶ観客。鈴鹿サーキットは今年で開場50周年。節目を飾る快挙となった
  • トロフィーを掲げて初の表彰台で喜ぶ小林。優勝したセバスチャン・フェテル(ドイツ、レッドブル・ルノー)も健闘をたたえた
  • フェテルにシャンパンをかけられ祝福される小林
  • 小林は1990年日本GPの鈴木亜久里、2004年米国GPの佐藤琢磨に次ぐ、日本人3人目の表彰台となった
  • 日の丸を掲げながら喜ぶ小林とザウバー・フェラーリのスタッフら(7日)=写真 小園雅之

テーマ一覧