北條民雄「いのちの初夜」

ハンセン病を発症した主人公の療養所で過ごす最初の一夜を描いた「いのちの初夜」。舞台となった多磨全生園を訪ねた=塩田信義撮影 (2日 12:00)

月明かりが木々のシルエットを浮かび上がらせる

  • 療養所の内と外を隔てていたヒイラギの生け垣が残る
  • 修復保存されている独身男子軽症寮「山吹舎」
  • 咲き始めた梅林のウメの花
  • グラウンドでは野球の練習試合が行われていた
  • 夜が明け、林のかなたに太陽が現れた
  • 朝日が森林浴歩道の木々を照らす