世阿弥「風姿花伝」

世阿弥が記した能の理論書である「風姿花伝」。観世流として受け継がれる伝統芸能にカメラで迫った。 (26日 12:00)

観世流二十六世宗家の観世清和さんが勤める「羽衣」の天人。静かな動きの中、にわかに衣の袖が翻る(京都市左京区の京都観世会館)

  • 鼓の音が響くなか、天人が舞を舞う
  • 漁師から返してもらった衣を着て喜びの舞を舞う
  • 天人のかざす鮮やかな扇が光に輝く
  • 舞を舞い、天人は天上へ帰っていく=松浦弘昌撮影