「山之口貘詩集」

沖縄県出身の詩人、山之口貘。詩集の中で風景を詠んだ、現在の那覇市波上地区の海辺を歩いた。 (15日 12:00)

高架橋の下の若者たちを街灯が照らし出す

  • 那覇の港に停泊する大型客船
  • 青い海が橋桁の向こうに広がる
  • 波上宮の下にある崖。近くの浜辺には水遊びをする観光客の姿がみられた
  • 海岸の高台に立つ波上宮には多くの参拝客が訪れる
  • 夕暮れ時、那覇市の沖合いに慶良間諸島の島影が浮かんだ=井上昭義撮影