築地のにぎわい受け継ぎ、豊洲市場開場

 豊洲市場(東京都江東区)が11日開場した。敷地面積は閉場した築地市場の1.7倍。午前5時半からはマグロの初セリが行われ、築地と変わらぬ活気が新市場にあふれた。 (11日 11:43)

開場初日を迎え、マグロのセリが行われる豊洲市場(11日午前、東京都江東区)

  • 午前5時すぎ、豊洲市場内の道路は積み荷を載せたトラックなどで渋滞した
  • ゆりかもめの市場前駅から豊洲市場に向かう人たち(11日午前)
  • 水産仲卸売場を小型運搬車「ターレ」が行き交う(11日午前)
  • 買い受け人らがずらりと並んだマグロを吟味(11日午前)
  • マグロのセリで開場を祝う「初荷」の文字も見られた(11日午前)
  • 小池都知事(中央)が市場を視察(11日午前)
  • 青果ではワサビやマツタケのセリが行われていた(11日午前)
  • 新しくできた吉野家豊洲市場店は午前5時に開店
  • 明るくなっても豊洲市場内の道路は車で混雑した(11日午前)=石井理恵、笹津敏暉撮影