台風21号猛威振るう 関西で暴風・高潮被害相次ぐ

 台風21号は4日、近畿地方を縦断し記録的な暴風や高潮となった。建設現場の足場が倒壊したり、車が横転したりするなど被害が各地で相次いだ。大阪湾ではタンカーが関西空港連絡橋に衝突し、橋が大きく破損した。 (4日 20:59)

大阪市住之江区で倒壊した建設現場の足場(4日午後)=小川望撮影

  • 強い風と雨を受けながら歩く人たち(4日午後、大阪市北区)=山本博文撮影
  • 街路樹が強風で倒れ道路をふさいだ(4日午後、大阪市北区)=山本博文撮影
  • 列車の運転を見合わせたJR大阪駅では、多くの人がベンチに座り再開を待つ(4日午後、大阪市北区)=山本博文撮影
  • 椅子の上でうずくまる女性(4日午後、JR大阪駅)=小川望撮影
  • 病院が浸水し、水をかき出す職員ら(4日午後、大阪市住之江区の咲洲病院)=小川望撮影
  • 暴風で車両が多数横転した(4日午後、大阪市住之江区)=小川望撮影
  • 強風に流され、関西空港連絡橋に衝突したタンカー(4日午後)=共同