「カナノウ旋風」及ばず 大阪桐蔭が2度目の春夏連覇

 全国高校野球選手権の決勝が21日に甲子園球場で行われ、大阪桐蔭が13-2で金足農業を下し、史上初の2度目の春夏連覇を達成した。東北勢として初の優勝を目指した秋田県の金足農は夢がかなわなかったが、強豪校を破り勝ち進んだ「カナノウ旋風」が100回大会に巻き起こり、地元県民も最後まで熱い声援を送り続けた。 (21日 18:48)

試合を終え、健闘をたたえ合う大阪桐蔭ナインと金足農ナイン。左から3人目は金足農の先発・吉田輝星、同4人目は大阪桐蔭の根尾昂

  • 試合前、アルプススタンドの大応援団にあいさつする金足農ナイン(甲子園球場)=共同
  • 金足農ナインに声援を送ろうと、秋田市内のパブリックビューイング会場に多くの人たちが集まった(21日午後)
  • 力投する大阪桐蔭の柿木
  • 金足農の先発・吉田。一回裏に3点を与えた
  • 三回金足農1死三塁、1点犠飛を放つ佐々木大夢
  • 佐々木の犠飛で斎藤が生還した=共同
  • 大阪桐蔭が四回裏に追加点を入れ、悔しがるパブリックビューイングの観戦者(秋田市)
  • 五回裏大阪桐蔭無死一塁、根尾が2点本塁打を放った
  • 優勝を決め、マウンドに集まって喜ぶ大阪桐蔭ナイン
  • アルプススタンドに向かってあいさし、ベンチへ引き揚げる金足農ナイン。吉田(中)が「最高や」と叫んだ
  • 大差で敗れた金足農。試合後、選手たちに惜しみない拍手が送られた(秋田市のパブリックビューイング)
  • 「金足農業高校 感動をありがとう」。秋田市のパブリックビューイングでくす玉が割られ、選手たちの健闘をたたえた=目良友樹、樋口慧撮影