被災前後の写真で見る、西日本豪雨の猛威

 100人以上が犠牲となった西日本の豪雨。堤防の決壊や土砂崩れによって町並みも変わり果てた。災害前の写真と照らし合わせ被害の状況を見すえた。 (10日 16:03)

岡山県倉敷市真備町では堤防が決壊し、水害に見舞われた。写真上半分はグーグルストリートビューより

  • 決壊前は、舗装され車の往来が可能な堤防だった(岡山県倉敷市真備町)=グーグルストリートビューより
  • 小田川(写真左側)からの水によって、堤防は跡形もなく削り取られた(9日)
  • 被災前の写真では、畑にいる犬がこちらを見ていた(岡山県倉敷市真備町)=グーグルストリートビューより
  • 冠水した住宅地。車両は泥に覆われ、水没していたことがわかる(9日)
  • 畑と住宅が並ぶ、のどかな町並みがうかがえる(岡山県倉敷市真備町)=グーグルマップより
  • 泥水が残る箇所は多く、流された家屋も見える(9日)
  • 農地が広がる岡山県倉敷市真備町=グーグルストリートビューより
  • 全面が水で覆われ、海岸のように変わってしまった(9日)
  • 被災前は舗装されていた道路(広島市安芸区)=グーグルストリートビューより
  • 舗装がはがれ、押し寄せたがれきを近隣住民らが撤去していた(9日)
  • 広島市安芸区内にある山あいの閑静な住宅地=グーグルストリートビューより
  • 人の何倍もある大きさの岩石が、土砂崩れで転がってきたとみられる(9日)
  • 自動車販売店が沿道にあるゆるやかな坂だった(広島市安芸区)=グーグルストリートビューより
  • めくれ上がったアスファルトやがれきが道路を塞いだ(9日)
  • ブロック塀の門柱が立つ家屋(広島市安芸区)=グーグルストリートビューより
  • 土砂に押し流され、各都府県の機動隊員らが周囲の捜索を続けた(9日)=小川望、山本博文、淡嶋健人、目良友樹撮影