黒岩重吾「飛田ホテル」

黒岩重吾が大阪市西成区を舞台に書いた小説「飛田ホテル」。日雇い労働者の街として知られる釜ケ崎地区を歩いた。 (7日 15:00)

夜明けを迎えた釜ケ崎地区の公園。超高層ビルが見下ろす

  • 静けさに包まれた早朝の通りを男性が歩く
  • 簡易宿所の周辺には何十台もの自転車が並ぶ
  • 飲食店の明かりが路面を照らす
  • 有刺鉄線に囲まれた一角に赤い花が揺れる=小川望撮影