W杯熱戦の舞台 スタジアムを巡る

 14日にロシアで開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)は11都市12会場で開催される。会場は広大な国土に点在し、日本との時差も4~7時間と都市によって異なっている。主な会場を紹介する。 (6日 15:06)

ロシア大会で最も南に位置するソチのフィシュト競技場内=共同

  • 外から見たソチのフィシュト競技場=共同
  • 準々決勝など6試合が行われるカザン・アリーナ(カザン)=共同
  • 日本―ポーランド戦が行われるボルゴグラードアリーナ。奥にはボルガ川が流れる(ボルゴグラード)=三村幸作撮影
  • ライトアップされたボルゴグラードアリーナ=三村幸作撮影
  • 1次リーグ4試合が行われるロストフ・アリーナ(ロストフナドヌー)=共同
  • 準々決勝など6試合が行われるサマラ・アリーナ(サマラ)=AP
  • ロシア大会で最西端の開催地となるカリーニングラード競技場(カリーニングラード)=AP
  • 14日の開幕戦や、7月15日の決勝戦が行われるルジニキ競技場(モスクワ)=共同