結城昌治「志ん生一代」

落語家、五代目古今亭志ん生の波瀾(はらん)万丈の人生を描いた、結城昌治の小説「志ん生一代」。志ん生がかつて暮らした東京・谷中を歩いた。 (12日 15:00)

夕暮れ時の街を多くの人たちが行き交う

  • 雨上がりの谷中墓地に静けさが広がった
  • 寺院が並ぶ通学路に子どもたちの声が響く
  • 細い坂道を街灯が照らす
  • 谷中墓地周辺は新緑に覆われた=井上昭義撮影