成田が金 スノボバンクドスラローム

 平昌冬季パラリンピック第8日の16日、3回の滑走でベストタイムを競うスノーボードのバンクドスラロームが行われ、男子下肢障害で成田緑夢が金メダルを獲得した。日本勢の「金」は今大会2つ目。成田は自身2つ目のメダルになった。 (16日 18:11)

スノーボードバンクドスラローム男子下肢障害で金メダルを獲得し、歓声に応える成田

  • 1回目の滑走。高いターン技術とスピードに乗った滑りを見せ、50秒17をマーク。トップに立った
  • 2回目の滑走。49秒61とタイムを縮めた
  • 2回目の滑走
  • 3回目の滑走でゴールする成田。48秒68で他の選手を寄せつけなかった=共同
  • 表彰式で金メダルを手に笑顔の成田=横沢太郎撮影