いざ平昌、結団式で全力誓う

 平昌冬季五輪の日本選手団の結団式が24日、東京都大田区で開かれ選手・役員らが出席した。スキージャンプの高梨沙羅が代行として団旗を受け取り、主将を務めるスピードスケートの小平奈緒が「全力を尽くして参ります」と決意表明した。 (25日 14:14)

結団式で団旗を受け取る旗手代行の高梨沙羅(24日、東京都大田区)=横沢太郎撮影

  • 「全力を尽くして参ります」と決意表明する主将の小平奈緒(24日、東京都大田区)=横沢太郎撮影
  • 結団式後の壮行会で、歌手のAIさん(手前左から2人目)と一緒に曲を歌う選手ら(24日、東京都大田区)=横沢太郎撮影
  • 各競技に出場する選手らの表情は明るい。ポーズをとるスキージャンプ女子の(左から)岩渕香里、伊藤有希、高梨沙羅、勢藤優花(11日、札幌市)=共同
  • フリースタイルスキーの(左から)村田愛里咲、堀島行真、西伸幸、原大智、遠藤尚(22日、羽田空港)=共同
  • カーリング代表のSC軽井沢クラブ(後列)とLS北見の選手ら(23日、東京都港区)=共同
  • ポーズを取るスピードスケートの選手たち。(前列右3人目から)郷亜里砂、小平奈緒、高木美帆、高木菜那(2017年12月30日、長野市)=上間孝司撮影
  • フィギュアスケート代表。(左から)アイスダンスのクリス・リード、村元哉中、女子の坂本花織、宮原知子、男子の宇野昌磨、田中刑事、ペアの須崎海羽、木原龍一(17年12月24日、東京都調布市)=山本博文撮影