山本篤、メダルへの跳躍

 17日の陸上男子走り幅跳び(切断なとT42)で、元世界記録保持者の山本篤が6メートル62の自己ベストを出して銀メダルに輝いた。男子400メートルリレーの銅メダルに続く今大会2つ目のメダル獲得となった (18日 9:25)

体勢を傾けながら着地する山本

  • 1回目。大ジャンプだったが、わずかに踏み切り線を越してファウル
  • 2回目もファウル
  • 3回目は慎重なジャンプで6メートル47を跳んで、この時点で3位につけた
  • 4回目はベストの踏み切りでジャンプ
  • 高く舞い上がる山本
  • 豪快に砂が舞い上がる
  • 砂場から立ち上がると右手でガッツポーズする山本。6メートル62で2位に浮上した
  • 逆転を狙った最終6回目の跳躍を終えガッツポーズの山本。しかし記録は伸ばせず順位は変わらず
  • 銀メダルを獲得した山本篤。表彰式で両手を挙げ歓声に応えた=寺沢将幸撮影

テーマ一覧