体操、橋本が金 男子個人総合[有料会員限定]

 体操男子個人総合は28日、決勝が行われ、初出場の橋本大輝が金メダルを獲得した。北園丈琉は5位だった。 (29日 1:15)

跳馬の演技をする橋本の連続合成写真(左から右へ)

  • 最初の種目の床運動は、スピード感あるきれいな演技を見せた
  • 2種目目はあん馬。15.166の高得点で、この時点でトップ
  • 3種目目のつり輪
  • 着地でわずかに右足が動き2位に後退=共同
  • 4種目目は跳馬。着地で右足がラインの外に出てしまい頭を抱えるも14.700 の得点で4位に
  • 5種目目の平行棒=ロイター
  • 着地も決め、15.300の高得点をマーク。逆転の金メダルへ望みをつなぐ
  • いよいよ最終種目。3位で鉄棒に臨む=ロイター
  • 鉄棒は橋本の得意種目だ=ロイター
  • 高難度の技を成功させる
  • 「記憶に残る演技をしようと思っていた」と本人が語る鉄棒。着地もなんとか決まった(連続合成写真)
  • 金メダルを獲得し、日の丸を掲げて喜んだ(山本博文撮影)