カメルーン―セルビア、壮絶打ち合い決着つかず

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグ第2戦で、ともに初戦を落としたカメルーンとセルビアが対戦し、3-3で引き分けた。先制を許したセルビアが前半、逆転に成功。後半にも1点を追加し一時3-1とリードしたが、その後、カメルーンが追いついた。 (28日 22:47)

前半、シュートを放つカメルーンのクンデ(手前)

  • 前半、先制ゴールを決めるカメルーンのカステレト㊧
  • 前半、先制ゴールを決め喜ぶカステレト(中央)らカメルーンイレブン
  • 前半、セルビアのベリコビッチ㊨とマクシモビッチ㊧に挟まれるカメルーンのチュポモティング
  • 前半、同点のヘディングシュートを決めるセルビアのパブロビッチ㊨
  • 前半、勝ち越しゴールを決め喜ぶセルビアのS・ミリンコビッチサビッチ㊥=ロイター
  • 前半、シュートを外し悔しがるクンデ
  • 後半、3点目のゴールに沸くセルビアのサポーター
  • 後半、シュートを決めるカメルーンのアブバカル㊧=ロイター
  • 後半、セルビアのA・ミトロビッチ(右から2人目)のシュートを止めるカメルーンのGKエパシ(右端)
  • 試合後、ピッチに座り込むA・ミトロビッチに手を貸すカメルーンのヌクル=目良友樹撮影

テーマ一覧