競泳・大橋が金 400メートル個人メドレー

 競泳の女子400メートル個人メドレー決勝で大橋悠依が優勝した。タイムは4分32秒08。この種目では日本初で、2000年シドニー五輪「銀」の田島寧子以来の表彰台となった。 (25日 17:51)

女子400メートル個人メドレーで金メダルを獲得し、ガッツポーズする大橋

  • 女子400メートル個人メドレー決勝でスタートする大橋
  • バタフライ、背泳ぎ、平泳ぎ、自由形で力泳を見せた
  • 決勝のタイムは予選より3秒以上速い4分32秒08だった=共同
  • トップでゴールしガッツポーズ
  • 金メダルを手に笑顔を見せた(石井理恵撮影)