ウクライナ選手、北京パラでメダルラッシュ(写真特集)

 北京パラリンピックでウクライナ代表選手が続々とメダルを獲得している。8日のバイアスロンでは女子10キロ(立位)と男子10キロ(視覚障害)で、ウクライナ選手が表彰台を独占した。クロスカントリースキーでもメダル獲得が相次いだ。 (10日 21:15)

北京パラリンピックのバイアスロンで表彰台を独占するウクライナ代表選手(8日)=ロイター

  • バイアスロン女子で金メダルを獲得したウクライナのイリーナ・ブイ選手(8日)=ロイター
  • バイアスロン男子6キロ視覚障害のレースを終え、ガイドスキーヤー(右)と抱き合うウクライナのドミトロ・スイアルコ選手。銅メダルを獲得した(5日)=共同
  • コーチ陣と抱き合ってメダルの獲得を喜ぶウクライナ代表選手(8日)=ロイター
  • クロスカントリースキーで銅メダルを獲得し、ポーズをとるグリゴリー・ボウチンスキー選手(9日)=ロイター
  • 拳を上げ、「PEACE FOR ALL」と書かれた横断幕を背にポーズをとるウクライナ選手団(10日)=ロイター

テーマ一覧