アルゼンチン、2大会ぶり4強 オランダとの死闘制す

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会準々決勝で、アルゼンチンがオランダを破り、準決勝進出を決めた。アルゼンチンはメッシの1ゴール1アシストで2-0とリードするも、後半終盤に追いつかれた。延長戦でも決着がつかず突入したPK戦で、GK、E・マルティネスが2セーブの活躍を見せ、接戦を制した。 (10日 8:28)

前半、先制ゴールを決めるアルゼンチンのモリナ(手前から2人目)

  • 前半、先制ゴールを決め喜ぶモリナ㊨
  • 前半、アルゼンチンに先制ゴールを許し、厳しい表情を見せるオランダのGKノペルト
  • 前半、競り合うアルゼンチンのLi・マルティネス
  • 前半、攻めるアルゼンチンのメッシ
  • 前半、トラップするアルゼンチンのデパウル
  • 後半、アルゼンチンのパレデス(右手前)のプレーにオランダの選手がベンチからピッチになだれ込み、一時騒然となった
  • 後半、競り合うオランダのファンダイク㊧
  • 後半、同点ゴールを決め、駆け出すオランダのウェフホルスト(奥中央)
  • 延長後半、ドリブルするメッシ㊨
  • PK戦でオランダのキックを2本止めたアルゼンチンのGK、E・マルティネス
  • PK戦で、オランダのGKノペルト㊨と向かい合うアルゼンチン5人目のLa・マルティネス
  • PK戦でオランダを破り、駆け出すメッシ(中央右)らアルゼンチンイレブン
  • PK戦でオランダを破り、キックを2本止めたGK、E・マルティネス㊨と喜ぶメッシ
  • オランダに勝利し、喜ぶアルゼンチンのサポーター=目良友樹撮影

テーマ一覧