深まる人道危機 難民150万人超に(写真特集)

 ウクライナ国外に逃れた難民は、6日までに150万人を超えた。ロシア軍はウクライナで民間インフラや住宅街へと攻撃対象を広げる戦略が鮮明になりつつあり、深刻な人道危機を引き起こす恐れが強まっている。国連難民高等弁務官はツイッターで「第2次世界大戦以降、欧州で最も急速に拡大している難民危機だ」と指摘した。 (6日 22:27)

ロシア軍の攻撃で壊された橋の下を通り避難するウクライナの人たち(5日、キエフ近郊)=AP

  • ポーランドの仮設住宅に到着し、息子を抱く女性(5日)=ロイター
  • ロシアのウクライナ侵攻から逃れ、フェリーでルーマニアに到着した人たち(5日)=ロイター
  • ウクライナからポーランドに逃れた難民のために演奏するドイツ人のピアニスト(4日)=AP
  • キエフ駅で列車に入ろうとする群衆を分散させようとするウクライナ兵(4日)=AP
  • ウクライナとポーランドの国境にある難民の受け入れ施設で休む人たち(5日)=ロイター
  • キエフ駅で子供の手を握りしめ列車に乗り込もうとする女性(4日)=AP
  • バスでポーランドの一時宿泊施設に到着した人たち(5日)=ロイター
  • 国境を越えてポーランドに入国する人たち。女性や子供が多い(4日)=AP
  • スロバキアに到着後、輸送用のヘリコプターに向かって歩く人たち(5日)=ロイター
  • スロバキアの国境に到着し抱き合う2人(6日)=ロイター

テーマ一覧