煙で染色いにしえの技 鹿革に模様「印伝」奈良の工房 (9日 7:01)

記事を読む

記事を読む

(右上から時計回りに)ウサギ柄の漆印伝、交差縞の燻し印伝の長財布、南浦さんが再現した東大寺の国宝「葡萄唐草文染韋」の模様、南浦さんの収集品である竜の金物細工が付いた古い印伝、ショウブ柄がくっきり残る古い染め抜き印伝、刺しゅうを施した江戸時代の印伝、南浦さんが再現した「馬鞍第6号」(正倉院蔵)の 鞍褥(くらじき)の模様=笹津敏暉撮影

テーマ一覧